コロナウイルスバスの運転手が検疫の最終日にステアリングホイールを取ります

検疫の最終日はハンドルを握っていた
検疫の最終日はハンドルを握っていた

コロナウイルスを持ったバスの運転手は隔離されているはずだったが、ベシクタシュを旅行中に検査を行っているチームに捕まった。


治安部隊の視察中に、運転していたイスタンブールメトロポリタン自治体の会社のXNUMXつであるIUAŞの運転手が検疫に送られ、車両は切断され、障害のためにガレージに送られました。

IUAŞの運転手は、BeşiktaşDolmabahçeで検査した警備員によって行われたHESコード制御で、隔離されているはずですが、ハンドルを握っていると判断されました。

運転手は検疫を通過するために警察によって彼の家に連れて行かれました。 バスは消毒のためにガレージに送られました。

問題の運転手との会談で、彼は検疫の終了日を誤解していると述べ、14月26日から26日まで検疫を続けるべきであるが、検疫の終了はXNUMX月XNUMX日であると考えた。

家族に陽性の症例が見られた後、予防的検疫の決定を下された運転手も、13月XNUMX日に陰性であったと判断された。


sohbet

最初にコメントする

Yorumlar

関連記事と広告