UPSトップマネジメントの変更

経営トップの変更
経営トップの変更

UPS (NYSE:UPS)取締役会は、1月1日より、CarolToméがUPSゼネラルマネージャー(CEO)に任命されたと発表しました。 現在取締役会会長兼ゼネラルマネージャーを務めているデビッドアブニー氏は、30月2020日から取締役会の会長になると発表されました。 UPS取締役会を46月30日に辞任するAbneyは、移行期間を円滑に回避し、繁忙期を無事に完了するために、XNUMX年の終わりまで引き続きプライベートコンサルタントを務めます。 この期間の終わりに、彼はUPSでのXNUMX年間のキャリアを終えて引退します。 XNUMX月XNUMX日現在、UPSの最高経営責任者であるウィリアムジョンソンが、最高経営責任者を務めます。


UPS指名およびコーポレートガバナンス委員会の社長兼執行委員会の委員を兼務するジョンソン氏は、次のように述べています。「社内外の候補者を含む厳格な選考プロセスを経て、キャロルで明確な決定を行いました。 Carolは、アメリカのビジネス世界で最も尊敬され才能のあるリーダーのXNUMX人として、世界的な成長をリードし、利害関係者の価値、才能の開発を最大化し、戦略的優先事項を適切に実装することで実績のある名前です。」

「キャロルは取締役会のメンバーであり、監査役会の会長であり、UPSのビジネスモデル、戦略、および従業員に関する深い知識を持ち、この重要な変革プロセスにおいて会社を率いるのに最も適切なマネージャーです」とジョンソン氏は述べています。 UPSでの並外れたキャリアを祝福します。 彼はUPSを運輸業界のトップに上げるために大胆な一歩を踏み出し、会社のグローバルネットワークと従業員の増加するトレンドを活用することで、会社を成功に導くことができました。

デビッドアブニーは次のように述べています。「UPSは常にこの人生における私の情熱の100つであり、UPSのおかげでアメリカの夢を見ました。 UPSファミリーと協力して、この優れた会社を今後XNUMX年間準備できたことを誇りに思います。 UPSの管理チームが私たちの戦略を、彼らが持っている能力で未来へと運ぶと確信しています。 さて、旗を渡す時が来ました。 私はキャロルの任命のニュースに非常に満足していました。 私は彼がこの会社を経営するのに最高の人であることを知っています。 彼はUPSの文化と価値観をよく理解し、常にお客様に最優先事項を与えるという考え方を持つ戦略的リーダーです。」

CEOの座を引き継ぐ準備をしているキャロルトメは、次のように述べています。「当社の有能な経営チームと495.000人の従業員と協力し、私たち自身をさらに改善することで、顧客と株主の期待に応えることを楽しみにしています。 デビッドはUPSで並外れた変革プロセスを実行しました。 私は彼の成功に新しいものを加えるつもりです。 UPSの豊かな文化とその価値に対する揺るぎない取り組みに照らして、私たちは業界をリードし続け、会社の強固な基盤の上で成長していきます。」

UPSの113代目のCEOであるキャロルトメは、12年の歴史を持ち、2003年以来UPSの取締役会メンバー、ならびに監査役会の会長を務めています。 以前は米国最大の家庭用品小売業者であるホームデポでバイスプレジデント兼CFOを務め、2.300の支店と400.000万人の従業員を抱えたトメは、企業戦略、財務、事業開発の責任者を務め、18年間CFOを務めました。この期間、ザホームデポの株価は450%上昇しました。

UPSは、2014年にCEO、2016年に取締役会長に任命されたAbneyのリーダーシップ期間中、

  • 売上高が27%、純利益が約50%増加したことに加えて、60株当たり利益も約XNUMX%増加しました。
  • 配当と株式の買い戻しにより、株主に29億ドル以上をもたらしました。
  • 戦略的成長の優先順位が設定された数年の変革プログラムを実施することにより、2019年の米国の営業レバレッジは大幅に増加しました。
  • 2019年のピークシーズンの32日あたりのパケット配信数はXNUMX万を超え、グローバルネットワーク容量が大幅に増加しました。
  • UPS Flight Forwardを立ち上げることにより、FAAからドローンを操縦する最初の航空会社の完全な承認を得ました。
  • 取締役会と上級経営陣の構造を変えることにより、会社の多様性を高めています。

2007年から以前はオペレーション担当副社長(COO)を務めていたAbneyは、UPS輸送ネットワークのすべてのレベルだけでなく、物流、持続可能性、エンジニアリングプロセスも管理してきました。 UPSインターナショナルの社長として、COOとしての職務に就く前は、戦略的なイニシアチブを主導し、同社のグローバルなロジスティクス能力を向上させていました。 彼はまた、コヨーテ、マルケン、フリッツカンパニー、ソニックエア、ストリカ、リンクスエクスプレス、中国のシノトランスなど、数多くのグローバルな買収や合併にも携わってきました。 1974年にUPSでのキャリアをスタートさせ、デルタ州立大学で教育を続けたアブニーは、グリーンウッドの小さな施設でパッケージハンドリングオフィサーとして働き始めました。


鉄道ニュース検索

最初にコメントする

Yorumlar