中国の電気バスは全体の60%に達する

中国の電気バスは全体の60%に達する
中国の電気バスは全体の60%に達する

クリーンエネルギーに対する中国の要望により、国のバスの最大60%が電動バスで構成されていました。 中国の生態環境省は最近、電気自動車に関する最新の統計を発表しました。 ここでの数字から、第13次2016カ年計画(2020-XNUMX)では、よりクリーンな環境を原則として、環境に配慮した輸送・交通システムに多大な努力を払ったことがわかります。 確かに、この期間中に、クリーンエネルギーで動作する車両はクリーンエネルギーで動作する車両に変わり、ガソリンを消費する車両から離れたと判断されます。


先月の乗用車の総売上高は8万台で、前年比2,09%増加しました。 一方、電気自動車の販売台数は138万67,7千台で、電気自動車の売上高は昨年比55%増加しました。 中国は現在、電気自動車の存在感が最も高く、世界の電気自動車販売のXNUMX%がこの国で発生しています。

グリーン消費のトレンドによる需要の増加に対応するため、政府はXNUMX月初旬に電気自動車産業を刺激する計画も採択した。 計画に沿って、充電設備を含むインフラ整備を強化し、国際協力を加速していきます。

中国は気候変動に対応することで、第13次15,3カ年計画の枠組みの中で国際的な取り組みを行い、環境に配慮した行動を強化しました。 実際のところ、昨年末の「非化石/クリーン燃料」は国のエネルギー消費量の2020パーセントを占めていました。 このように、中国はXNUMX年に向けて国際社会への約束を前もって守ってきました。

出典:中国国際ラジオ


sohbet

Feza.Net

最初にコメントする

Yorumlar

関連記事と広告