エネルギー天然資源省が10人の契約社員を採用

375年6月31日付けの官報に掲載された政令第12号の附属書2008に基づき、エネルギー天然資源省の情報技術部門でフルタイムで雇用されるために、大規模ITユニットにおける契約情報担当者の雇用に関する原則および手順に関する規則の第27097条の第8段落に従い、2名の契約IT担当者が雇用されます。


私たちの省が開催する口頭試験を受ける候補者の選択において; 2019年または2020年の公務員選択試験(KPSS)P3スコアおよび有効な英語試験(YDS)、電子外国語試験(e-YDS)、またはこの言語での同等のもの(CAE、CPE、TOEFL IBT) 、PEARSON PTE Academicなど)他の外国語試験で得られた外国語スコアが基準となります。

外国語試験の結果は、有効期間が文書に指定されていない場合、5年間有効です。 KPSSスコアを持っていない、またはドキュメントを提出していない候補者は、70(0)KPSSスコアとして計算されます。 外国語スコア文書を提出しない候補者の外国語スコアは、XNUMX(ゼロ)として計算されます。

候補者は、発表されたポジションから最大2つ(6.1つ)の異なるポジション、XNUMX番目とXNUMX番目のプリファレンスを選択できます。 XNUMX、各ポジションの最も多くのポイントから開始します。 役職に採用される人数のセクションにある表の「試験に招待された候補者の数」列に指定された候補者の数が、試験を受ける資格があります。 評価は、主に最初の選択肢でポジションに応募する人の間で行われます。 試験を受ける資格のある候補者は、スコアと優先順位に基づいて決定されます。 これによれば; 候補者は、最初の好みに従って最初にランク付けされます。 スコアの高い候補者は、有効な申請書がない場合、無効と見なされる申請書、または試験への参加が決定された申請書の数が存在しない場合、XNUMX番目の選択肢のスコアに基づいて最初の選択肢にリストできなかった候補者が試験に参加する資格があります。理由により、最初に選択した人の後に含まれます。

広告の詳細について こちらをクリック



チャット


最初にコメントする

Yorumlar