トルコの穀物委員会が穀物購入価格を引き上げる

トルコ穀物事務所が穀物購入価格を引き上げる
トルコの穀物委員会が穀物購入価格を引き上げる

農林大臣のVahitKirişciは、トルコ穀物委員会(TMO)が、穀物の購入価格を400トンあたり小麦200リラ、大麦XNUMXリラ引き上げたと述べた。

Kirişciは、トルコで20月中旬に始まった収穫は、今日の時点でXNUMXパーセントのレベルにあると述べました。

降水レジームの変化により、多くの地域で収穫が2〜3週間遅れていることを指摘し、Kirişciは、ほとんどの製品がまだ生産者の手に渡っているため、商業的措置は取られていないと述べた。

キリシチ氏は、国内および海外市場の動向に省とTMOが密接に続いていることを強調し、次のように述べています。 400月現在の穀物購入保険料。」 フレーズを使用しました。

製品がXNUMX月にTMOに配達される場合、保険料の支払いはXNUMX月に行われ、XNUMX月とXNUMX月の場合は、翌月以内に行われることに注意してください。

「生産者が「穀物購入プレミアム」の恩恵を受けるには、農林省から小麦1000トンあたり500リラ、大麦1リラが支払われるため、2022月までにTMOに製品を販売している必要があります。遅くともXNUMX年XNUMX月。 これまでにTMOに製品を納品してきたすべてのメーカーは、新規購入価格の上昇の恩恵を受けるでしょう。 遡及的な価格差額の支払いは、XNUMX月に生産者の銀行口座に送金されます。 省として、私たちは生産者の努力に報いるために最善を尽くします。そしてこの機会に、私たちはすべての生産者が実り多い収穫期になることを願っています。」

一方、デュラム小麦(第2グループ)のTMO購入価格は6トンあたり900千2リラ、硬パン小麦(第6グループ)は450千1000リラであり、穀物購入プレミアムはXNUMXトンあたりXNUMXリラであった。

同様の広告

最初にコメントする

Yorumlar