シリアから帰還した「オオカミ」大隊のコマンドス

オオカミ大隊のコマンドスがシリアから凍結
シリアから帰還した「オオカミ」大隊のコマンドス

殉教憲兵軍曹アフメット・カート大隊司令部(オオカミ)に仕えたコマンドスは、シリアの都市アルバブでの6か月の任務を完了し、トカトのニクサール地区に戻った。

アルバブから戻ってきた部隊は、大隊の入り口で太鼓、角、花で迎えられました。 国歌の歌唱から始まった大隊での式典で祈祷が行われました。

任務を終えて大隊に戻った192部隊は、後に家族と一緒になって彼らを待ち望んでいた。

ニクサー地区知事のイルハミ・ドアンと州のジェンダーマリー司令官のバーリ・ボスタンジュ上級大佐も、部隊の喜びを分かち合った。

同様の広告

最初にコメントする

Yorumlar