イズミルでのカボタージュの饗宴の熱意!

イズミルのカボタージュフェスティバル
イズミルでのカボタージュフェスティバルの興奮!

イズミル市長のトゥンチ・ソイヤーは、1月XNUMX日の海事およびキャボタージュデーのイベントの一環として、海の殉教者を追悼して開催された湾岸に花輪を捧げる式典に出席しました。

カボタージュ法の採択96周年を記念して開催された1月XNUMX日の海事およびカボタージュデーのイベントの範囲内で、港湾局が主催する花輪の敷設式がイズミルで開催されました。

トゥンチ・ソイヤー市長とともに、イズミル首都圏、イズミル知事ヤヴズ・セリム・ケシュガー、沿岸警備隊エーゲ海地域司令官、セルカン・テゼル後部提督、イズミル警察署長メフメット・シャーネ、イズミルの議長によって復元された歴史的なベルガマフェリーで行われたツアー取締役会オスマン・ハカン・エルシェン、イズミル・ゼネラル・マネージャー、イズミル・ブランチ・チェアマン、ユスフ・オズチュルク、イズミル・ポート・プレジデント、ユーナル・ハカン・アタラン、さまざまな非政府組織の代表者。

海の殉教者を偲んで、パスポート埠頭からアルサンカク港に向かうベルガマフェリーから湾に花輪が捧げられました。 İZDENİZに属する旅客フェリーと沿岸警察と海事警察のボートはサイレンを鳴らします。

同様の広告

最初にコメントする

Yorumlar