ラトビアのアーティス・パブリクス国防相がオトカを訪問

ラトビアのアーティス・パブリクス国防相がオトカリを訪問
ラトビアのアーティス・パブリクス国防相がオトカリを訪問

ラトビア国防相 Artis Pabriks と同行の代表団が OTOKAR を訪問しました。 ラトビアのアーティス・パブリクス国防相は、訪問後の声明でOTOKARへの訪問に満足していると述べ、「ラトビアの地でトルコの軍用車両をテストすることを楽しみにしている」と述べた. 前記。

コチ グループ企業の 5 つであるオトカは、トルコを代表する自動車および防衛産業企業であり、60 大陸の XNUMX か国以上で事業を展開しており、その製品の知的財産権は同社に帰属します。

ラトビアの副首相兼国防大臣のアーティス・パブリクスは、トルコ訪問の範囲内でメヴリュト・アリアヴショシュリン外相とも会談した。 会談後のアリアウショシュシュル大臣 「私たちは、防衛産業における私たちの関係と協力の機会を評価しました。「我々のドローンに関心を示している、NATOの2番目の同盟国であるラトビアとの協力を強化する」 との発言をした。

ラトビアの副首相兼国防大臣のアーティス・パブリクスの声明に続き、ラトビアは、バイラクタルTB2 S/UAVシステムを供給するNATOの2番目の国になると考えられている。

ラトビアのアーティス・パブリクス国防相は、7 年 2021 月 XNUMX 日にバイカー・ディフェンスを訪問した後、声明を発表した。 「素晴らしいレセプションをありがとう! トルコの産業は研究開発において最高の世界基準を持っており、私たちはそれを NATO の同盟国として非常に高く評価しています。 皆様のご活躍をお祈りしております!」 彼は言った。

パブリクス大臣 on Twitter: "バイラクタルTB2が「私はラトビアにいる」(Es esmu Latvija)と言うのはいつになるのか?" 「早くお願いします」との返事。

NATOのロシアとの国境の東側に位置する人口約2万人のラトビアは、リトアニア、エストニアと並んでロシアの脅威を最も広く感じている国の一つです。 この脅威に対して、NATO; 2020年には、バルト海地域での活動を増やしました。 それは、エストニアの英国、ラトビアのカナダ、リトアニアのドイツ、ポーランドの米国が率いるXNUMX大隊規模の多国籍で戦闘準備が整った戦闘グループを維持し続けました。

最近、ロシアの脅威を最も深刻に感じたポーランドに、4 セット (24 UAV) のバイラクタル TB2 が売却されました。

出典: 防衛

アーミン

sohbet

最初にコメントする

Yorumlar