ラリー・イタリア・サルデーニャでトヨタがXNUMX位入賞

サルデーニャラリーでトヨタイタリアが上位XNUMX位を獲得
サルデーニャラリーでトヨタイタリアが上位XNUMX位を獲得

イタリアではオジエがXNUMX位、チームメイトのエルフィン・エバンスがXNUMX位でフィニッシュし、トヨタは印象的な結果を残しました。

TOYOTA GAZOO Racing のサルデーニャでの勝利は、トヨタ ヤリス WRC とドライバーの高速で一貫したパフォーマンスによってもたらされました。 オジエはポジションの関係で特に金曜日にステージをクリアしてラリーをスタートさせたが、土曜日にトップ46で11日を終え、ラリーをリードした。 一方、エバンスは週末を通してペースを維持し、XNUMX位に浮上しました。 オジェとコ・ドライバーのジュリアン・イングラシアは、最終日の全 XNUMX ステージでアドバンテージを維持し、サルデーニャで勝利を収めました。 チームメイトのエルフィンエバンスよりXNUMX秒早くレースを終えたオジエは、ドライバーズチャンピオンシップでエバンスよりXNUMXポイント進んでいます。

カッレ ロバンペラは、金曜日に 3 位だったときに技術的な問題でストップしなければならなかったが、パワー ステージで 49 位になり、チームにさらに XNUMX ポイント貢献した。 これらの結果により、トヨタはイタリアでの並外れたパフォーマンスにより、コンストラクターズ チャンピオンシップでのリーダーシップ ギャップを XNUMX ポイントに拡大することができました。 しかし、TGRWRCチャレンジプログラムドライバーの勝田貴元は、ポルトガルだけでなくイタリアでもXNUMX位につけ、自身の記録を繰り返し、XNUMX台のトヨタヤリスWRCをトップXNUMXに入れました。

チームキャプテンのヤリ・マティ・ラトバラは、レース後にチームにとって素晴らしいラリーができたと語り、「ラリーが簡単ではないことを知ってサルデーニャに来ました。最初のXNUMXつの場所を獲得してここで祝うことができてうれしいです。 全体的なパフォーマンス、スタミナ、安定性があります。 「これはチャンピオンシップにとって非常に良いことです」と彼は語った。 レースで優勝したセバスチャン・オジェは、素晴らしい週末を過ごしたと語り、「サルデーニャでそのような結果を期待していなかった。 チームの最初の XNUMX つの場所を獲得したことは、信じられないほどの成果です。 車のフィーリングはポルトガルの後ではるかに良くなった。 パワーステージで獲得したXNUMXつの追加ポイントは、チャンピオンシップにとって重要でした。 このペースを維持したい」と語った。

TOYOTA GAZOO Racingは、有名なケニアサファリラリーに出場します。このラリーは、イタリアから約20年後にWRCカレンダーに戻ります。 24月27〜XNUMX日に開催されるこのラリーは、疲れ果てたステージを持つドライバーにとって、まったく新しい興奮となるでしょう。

アーミン

sohbet

最初にコメントする

Yorumlar