中国は国内のすべての小中学校にインターネットアクセスを提供しています

中国のすべての小中学校にインターネットアクセスを提供します
中国のすべての小中学校にインターネットアクセスを提供します

中国サイバースペース管理局は、中国南部の福建省の中心である福州で開催された第4回デジタルチャイナサミットで、中国のインターネット分野の動向に関するレポートを発表しました。

中国のすべての小中学校がインターネットにアクセスできることを指摘するレポートでは、これらの学校の2016%が79,4年にインターネットにアクセスできると述べられています。

報告書はまた、小中学校の98,35パーセントがマルチメディア教室を備えていると述べました。 一方、報告書は、オンライン教育と電子商取引が国の貧困との闘いに役立つ一方で、農村部の小売売上高は2014年の180億元(27,7万ドル)から2020兆10億元に増加したと指摘しています。 1年、ほぼ800倍に増加しました。

2020年末までに、中国のインターネットユーザー数は989億70,4万人に達し、インターネットの使用率は2016パーセントに達しました。 報告書によると、2020年から13年までの第718次5カ年計画期間中に、全国で合計XNUMX万XNUMX千のXNUMXG基地局が設置されました。

出典:中国国際ラジオ

アーミン

sohbet

最初にコメントする

Yorumlar