北京で無人タクシーサービスを開始

beijingの通りのロボットタクシーアポロ
beijingの通りのロボットタクシーアポロ

中国のインターネット大手Baiduは、首都北京でApollo GoRobotaxi無人タクシーサービスを実施しました。 このように、バイドゥは首都で最初に自律車両で乗客を輸送する会社になりました。 現在北京では40台のアポロ車が運行されており、サービスネットワークは約700キロメートルに達していると報告されています。


北京地区と工業・金融地区には、同社が所有する約100の駅があります。 BaiduのGPSアプリケーションまたはApolloGoアプリケーションを介して、ロボットタクシーを無料で呼び出すことができます。 車両のフロントパネルの画面で、移動の始点と終点、および移動距離を確認できます。

乗客は自分のルートを選択できます

車両が走行車線に入ると、車両の速度や道路の制限速度などの情報が画面に表示されます。 現在、ロボットタクシーは問題なく使用されていますが、運転中の揺れがないことも快適性の面でメリットがあると考えられています。

ただし、アポロが完成するまでにはまだ時間がかかります。 専門家は、車両の車線変更と速度調整機能を改善する必要があると考えています。 車両は、緊急時に介入できる警備員とともに引き続き使用されています。

ロボットタクシーサービスは通常、北京経済技術開発区で提供されます。 問題の地域は、世界最大の自律運転基地としても知られています。

以前は中国の長沙と長州で使用されていたバイドゥの無人タクシーは、昨年から試験運用の一環として100万人以上の乗客を運んでいます。


sohbet

最初にコメントする

Yorumlar

関連記事と広告