夜にコンビボイラーをオフにすることでお金を節約できますか?

夜にボイラーをオフにすることでお金を節約できますか
夜にボイラーをオフにすることでお金を節約できますか

夜にコンビボイラーをオフにすることでお金を節約できますか? 家計の最も重要な費用項目のXNUMXつである高額の天然ガス代は、いくつかの手段によって削減することができます。


正しい間違いは天然ガスの消費量を増加させると述べ、ÜçayMühendislikジェネラルコーディネーターのÖzgürŞahinは次のように述べています。 高額の支払いにもかかわらず、家は十分に暖房することができません。 ただし、いくつかの対策を講じることで、請求額を減らし、快適さを向上させることができます。」 彼は言って、重要な情報を共有しました。

冬の到来とともに、天然ガスの請求額は増加し始めました。 500万戸以上の住宅を天然ガスに導入したÜçayMühendislikのジェネラルコーディネーターであるÖzgürŞahinは、暖房費を削減し、請求額を削減する実用的な情報を共有しました。 「コンビボイラーは夜に閉めるべきですか?」 彼は自分の質問を明確にし、次のように述べています。「コンビボイラーの電源を切り、午前中に開くことは、決して節約にはなりません。 夜間にボイラーの電源を切ると、スペースの床、天井、壁が朝まで冷えます。 朝の空間を暖めるために、コンビの温度を上げ、ボイラーを2倍に作動させます。 したがって、夜間に行われた節約は無駄になります。 このため、正しいことは夜にボイラーを下げることです。」

外出するときはボイラーを止めるべきですか?

ÖzgürŞahin氏は、コンビの設定を頻繁に変更するべきではないと述べ、「天候が冷え始めたときに開くコンビは、気温が高くなったときに閉じる必要があります。 この長期間、ボイラーが停止する場合があります。 1日以上外出する場合はボイラーの電源を切ることができます。 2、3時間外出する人がボイラーの電源を切るのは間違っています。」 前記。

「コンビメンテナンス節約効果」

コンビボイラーとラジエーターのメンテナンスが節約に影響を与える要因のXNUMXつであることを強調し、シャヒンは次のように述べています。「ボイラーのメンテナンスとラジエーターの清掃は節約に影響を与えます。 定期的にメンテナンスされていないボイラーやコンビボイラーの設置は効率的に機能せず、効率が低下します。 定期的なメンテナンスはボイラーの効率を高め、お金を節約します。 また、ボイラーの寿命を延ばします。 メンテナンスフリーのコンビボイラーは大量に消費しますが、望ましいメリットを提供することはできません。 ラジエーターの詰まりの原因となる残留物や石灰も洗浄する必要があります。 洗浄されていないコームの一部の領域では加熱がありません。 これにより、暖房システムがより強力に機能するようになります。 すべての操作は、許可されたサービスによって実行する必要があります。」 彼らの情報を共有した。


sohbet

最初にコメントする

Yorumlar

関連記事と広告