Covid 19抗体療法のフェーズ2/3研究開始

Covid-19抗体療法のフェーズ2/3試験が開始されました
Covid-19抗体療法のフェーズ2/3試験が開始されました

Covid-19による入院を防ぐための研究が開始された抗体治療について、両社の発表により、治療の安全性と有効性が評価されたフェーズ2/3の臨床研究が発表されました。


2020年末までに発表される最初の結果がポジティブであれば、2021年前半の抗体療法への早期アクセスが可能になると発表されました。

GSKとVir Biotechnologyは、入院リスクの高い患者におけるCOVID-19の早期治療のための第2/3相試験の一環として、最初の患者に投与されたと発表しました。

世界中で初期の症候性感染症の約1.300人の患者を対象としたPHASE 2/3研究は、単回投与のモノクローナル抗体(VIR-7831)がCOVID-19の入院を防ぐかどうかを評価するために行われます。 今年の終わりまでに最初の結果を得ることを目指しているこの研究では、結果が成功すれば、2021年前半の早い段階で抗体療法にアクセスすることが可能になるでしょう。

GSKのR&D責任者兼科学責任者Dr. 「SARS-CoV-2ウイルスに対するモノクローナル抗体は、私たちの体が自身の抗体を産生するのを待たずに、COVID-19に対して効果的かつ即時の免疫応答を提供することができます」とHal Barron氏は声明で述べた。 これは、効果的なワクチンがない場合に特に重要だと思います。 この研究では、VIR-7831のリスクの高い個人が重度の疾患に進行するのを防ぐ能力を評価します。 「将来の研究では、抗体が感染を予防し、リスクの高い患者の疾患の重症度を軽減できる割合もテストします。」

Vir CEO博士 George Scangos氏は次のように述べています。「COVID-19の発症患者を悪化させないように治療することは、患者と社会の両方にとって非常に重要です。 現在限られたリソースに負担をかけ続けている新しい感染症で、世界中の病院システムは失敗しています。 この研究は、VIR-7831が慢性状態の高齢者またはリスクの高い個人の入院の必要性を大幅に減らすことができるかどうかを示すために設計されました。 前記。

日比谷通信社



チャット

最初にコメントする

Yorumlar