UIC地域理事会が電話会議で開催される会議の議長を務める

UIC地域理事長会議が開催されました
UIC地域理事長会議が開催されました

アンカラ本部でUIC(International Railway Union)の経営陣との電話会議が開かれ、TCDDのゼネラルマネージャーであるAliİhsanUygunが副社長を務めています。


会議には、UICのイタリア鉄道の社長兼CEOであるGianluigi Castelli、UICのゼネラルマネージャーであるFrançoisDavenne、UICアフリカ地域委員会の議長およびモロッコの鉄道のゼネラルマネージャーであるMohamed Rabie Khlie、UICアジア太平洋地域委員会の議長であるLu Dongfu、中国鉄道のGUOZhuxue副社長が出席しました。フランシスコ・カルドソ・ドス・レイス、UICヨーロッパ地域委員会会長およびポルトガル鉄道委員会メンバー、UIC北米地域委員会委員長およびViaRail(カナダ)鉄道社長シンシア・ガルノー、UIC部門マネージャーおよびTCDD職員。

開催された会議では、UIC 2020-2021の管理、COVID-19の現状、2020年のUICの財政状況、地域間協力の進展について議論されました。

19年100月に開催される総会で6年2021月まで任期を延長する提案として提示することが決定された。

UIC内で形成されたCOVID-19タスクフォースによって実行された活動、出版物、調査研究、およびベストプラクティスの共有について、詳細な情報がメンバー組織の代表者と交換されました。

Toplantının en önemli konularından biri de bölgelerarası işbirliğinin geliştirilmesi oldu.会議の最も重要な問題の16つは、地域間の協力の発展でした。 Bu konuda daha güçlü bölgesel etkinlikler ve somut projeler oluşturulması için ihtiyaçların belirlenmesi, değerlendirme ve adaptasyona yönelik ihtiyaçların daha iyi şekilde paylaşılması ve bu doğrultuda çeşitli programların canlandırılması ve bölgesel vizyonların dile getirilmesi için en aktif bölgelerde daimi mevcudiyetin sağlanması hususlarında Bölgesel Kurul Başkanlarının görüşleri alınarak 2020 Aralık XNUMX tarihinde gerçekleşecek Genel Kurul toplantısında detayların üyelerle paylaşılacağı ifade edildi.地域委員会の長の意見を取り入れて、この点に関するより強力な地域活動と具体的なプロジェクトの必要性を判断し、評価と適応の必要性をよりよく共有し、この方向でさまざまなプログラムを復活させ、地域のビジョンを表現するために最も活発な地域で永続的な存在を確保します。詳細は、開催される総会でメンバーと共有する予定であるとのことでした。



チャット

最初にコメントする

Yorumlar