市外バスのコーチはコロナシールドを望んでいる

bususculerはコロナシールドを必要としています
bususculerはコロナシールドを必要としています

コロナウイルス対策により、50%の稼働率で輸送を行っている都市間バス会社がサポートを待っています。 Karaismailoğlu大臣に提出された要求の中には、1TVの払い戻しからFSM Bridgeの使用まで、XNUMX%のVATからMTVの支払いまでの範囲の要求があります。


交通インフラ大臣、AdilKaraismailoğluとTOBBの大統領RifatHirascıklıoğluが議長を務めるTOBBセクターの代表者の会議中に、都市間バスの問題が議論されました。 占有率が50%であるセクターは、コロナウイルス対策のために困難な状況にあると述べられ、TOBB高速道路旅客輸送セクター総会ムスタファユルドゥルム大統領は、Karaismailoğlu大臣に以下の要請を表明した。

しばらくMTVを服用しないでください

高速道路と橋の通行料は請求されません。または、50%の割引が適用されます。 保険期間の関連省庁およびリスク分析と調整することにより、時間延長を確保する必要があります。 自動車税は2020年2021月とXNUMX年XNUMX月に徴収されるべきではありません。

FSMブリッジを開く

FSMブリッジの使用は、イスタンブール出口でのYSSブリッジ通過料金と同時に防止する必要があり、過剰な道路や乗客の使用による35リットルの燃料損失は回避する必要があります。 VAT率は、発生対策プロセスと限られた期間に制限される場合、航空路と同様に道路輸送でも1%として適用する必要があります。 使用した燃料から毎月使用した請求書に対して、25パーセントのSCT払い戻しを行う必要があります。

D2およびB2文書に登録されている観光車両は、年間4〜6か月、40〜50万50 km走行し、減価償却期間は必須の年齢制限を超えています。 countrieszmalは、経済的寿命を終えておらず、レンタルを区別せずに検査を受けている車両の年齢制限を削除し、ヨーロッパ諸国と同様に、年齢と機器の分類を導入する必要があります。 2020年は、1%の容量使用率要件のため、セクターにとって失われた年です。 このため、D1、B2およびD2、BXNUMXのドキュメント期間はXNUMX年間無料で延長する必要があります。 カリスマイロシュル大臣が閣僚会議の議題にセクターの要求をもたらすと述べたことがわかった。 (出典:のオスマンCobanoglu /Türkiyegazete)



最初にコメントする

Yorumlar