2019年の宿泊施設の稼働率は53,5%でした

宿泊施設の占有率もパーセントでした
宿泊施設の占有率もパーセントでした

文化観光省は、その2019のビジネスライセンスとトルコの認定施設の市営宿泊統計を発表しました。


トルコでは2019年の12,4月〜81月の期間、工場が開発し、前年同期に比べ11%増の211,3万人に達しました。 宿泊数もXNUMX%増加してXNUMX億XNUMX万人になりました。

省のデータによると、2018年に50,9%だった工場占有率は2019年に53,5%でした。

トルコの総事業所のうち、施設の同期間に比べて2019年27,6月における到着数は再び前年4,5月をバラXNUMX百万ドルでした。

今年の最後の月に、宿泊数は26,3%増加して9,1万になりました。 稼働率は35%でした。

アンタルヤが再びトップに

州は、2019年のトルコ、XNUMX〜XNUMX月の期間中に施設の最大の占有率に達している、それぞれ、アンタルヤ、イスタンブール、イズミールとムーラでした。

施設の稼働率で2019年に68,3%でトップだったアンタルヤでは、施設への到着は23,2万人と判断され、宿泊数は94,1万人でした。

イスタンブールの施設への到着は14,1万人でしたが、宿泊数は32,2万人で、施設占有率は60,5%でした。

2019年、ムーラは占有率56,3%、到着4,5万人、夜間14,4万人というデータでXNUMX位にランクされました。

イズミールでは、3,4万人が施設を訪れ、宿泊数は7,2万人で、稼働率は51,9%でした。



鉄道ニュース検索

最初にコメントする

Yorumlar