ヴァランク大臣が国内の電気自動車の背後を通過

大臣は、国内の電気自動車の車輪の後ろにいます
大臣は、国内の電気自動車の車輪の後ろにいます

産業技術大臣のムスタファ・ヴァランクは、モータースポーツのレースが開催されたイスタンブール公園で、地元で生産された電気自動車のハンドルを握りました。 ファートン大臣は最近、フェートンに関連するトピックが議題になっていると述べて、次のように述べました。 これは非常に便利で便利なツールです。」


産業技術大臣のムスタファ・ヴァランクは、過去にフォーミュラ1レースを開催したトゥズラのイスタンブール公園で、ブルサとデニズリで電気自動車を製造している会社の電気自動車をテストしました。

テスト中、ヴァランク大臣はイスタンブールアリエリリカヤ知事、ペンディクアフメットシン市長、トゥズラ市長チャディヤズィチ、電動車両を製造するリファレンスリミテッドカンパニーのゼネラルマネージャー、および都市間会長Vural Akを同行しました。

電気自動車に関する当局からの情報を受けて、Varankは自動車と会社の他の電気自動車の両方の車輪の後ろを通り過ぎました。

「美しくて便利な乗り物」

試乗後の声明の中で、Varankは最近、馬車が議題になっていると述べました。 彼はまた、革新的な製品である電気キャリッジを開発しました。 市長と知事を連れてこのツールをテストしました。 本当に満足しています。 これは非常に便利で便利なツールです。」

「それは動物に恵まれるべきではない」

Varankは、馬車に代わる電気的な選択肢があり、動物を苦しめないために電気自動車を使用すべきだと強調しました。

地元の生産者を支援する必要があることを指摘し、Varankは次のように述べています。 私たちは、自国で生産された製品が外国製品よりも優先されることを望んでいます。 この問題には実際に法律があります。 国内製品の価格優位性の実施に関する法律は、現在すでに実践されています。」

ヴァランクは、地元や全国で開発された製品を使って成功談を書きたいと強調しました。 トルコで使用されているうまくいけば、このような製品は、私たちの観光客の両方の国民の利益のために提示されています。「彼は言いました。

技術製品の国内生産の価格優位性について評価したVarankは、次のように続けました。

「国産品、特に公開入札での15%の価格優位性の適用は、中高技術製品には必須です。 他の製品については、この状況は公的機関の決定に委ねられています。 国内製品への価格優位性の適用について、行政、省庁、地方自治体と頻繁に会議を開催しています。

それは作るが、トルコの規模を作成するためにも重要なことができない製品の国有化の両方の観点から、国内メーカーの15%価格優位性によってサポートされています。 第11次開発計画の枠組み内での産業執行委員会の設立は、主題です。 ここでは、大規模な入札、特に公共調達でのローカライズを確実にするために、社長が率いるボードを作成します。 トルコの分野における土着化によるこれらのボードは重要な一歩を踏み出しています。」

「エネルギー消費が少なく、環境にやさしい」

電気自動車を製造するReferences Limited CompanyのゼネラルマネージャーであるHalukŞahin氏は、次のように述べています。 電気バス、クラシックカー、馬車、バンなど、交通に行くことができる電気自動車があります。 ブルサとデニズリで生産しています。 33か国に輸出しています。」

世界の競合他社が高価格で販売しているという事実に注目して、チャヒンは次のように述べました。「デニズリのサライキョイで、地元および全国でより手頃な価格で電気自動車を生産しています。 低エネルギー消費の環境に優しい電気コーチを国内および国際市場に販売しています。

15年間のR&D研究の結果である電気自動車は、6〜8時間で充電され、70回の充電で80〜30 km移動できます。 速度が4 kmに達する当社の車両は、XNUMX輪油圧ブレーキシステムで作動します。」

(出典:www.sanayi.gov.tr缶)



鉄道ニュース検索

最初にコメントする

Yorumlar